[linux]コマンド – text

-G ファイル 指定したファイルが存在し,ファイルのグループが現在実行しているユーザーであれば真を返す 
-O ファイル 指定したファイルが存在し,ファイルの所有者が現在実行しているユーザーであれば真を返す 
-S ファイル 指定したファイルが存在し,ソケットであれば真を返す 
-b ファイル 指定したファイルが存在し,ブロック・デバイスであれば真を返す 
-c ファイル 指定したファイルが存在し,キャラクタ・スペシャル・ファイルであれば真を返す 
-d ファイル 指定したファイルが存在し,ディレクトリであれば真を返す 
-e ファイル 指定したファイルが存在すれば真を返す 
-f ファイル 指定したファイルが存在し,通常のファイルであれば真を返す 
-g ファイル 指定したファイルが存在し,パーミッションにセット・グループIDが付いていれば真 
-h ファイル,-L ファイル 指定したファイルが存在し,シンボリック・リンクであれば真を返す 
-k ファイル 指定したファイルが存在し,パーミッションにスティッキ・ビットが付いていれば真 
-p ファイル 指定したファイルが存在し,名前付きパイプであれば真を返す 
-r ファイル 指定したファイルが存在し,読み取り可能であれば真を返す 
-s ファイル 指定したファイルが存在し,ファイル・サイズが1以上であれば真を返す 
-t ファイル 指定したファイルが端末でオープンされていれば真を返す 
-u ファイル 指定したファイルが存在し,パーミッションにセット・ユーザーIDが付いていれば真を返す 
-w ファイル 指定したファイルが存在し,書き込み可能であれば真を返す 
-x ファイル 指定したファイルが存在し,実行可能であれば真を返す 
ファイル1 -nt ファイル2 指定したファイル1がファイル2より修正時刻が新しければ真を返す 
ファイル1 -ot ファイル2 指定したファイル1がファイル2より修正時刻が古ければ真を返す 
ファイル1 -ef ファイル2 指定したファイル1とファイル2のデバイス番号とiノード番号が同じであれば真を返す 
文字列,-n 文字列 指定した文字列が1文字以上であれば真を返す 
-z 文字列 指定した文字列が0文字(何もない)状態であれば真を返す 
文字列1 = 文字列2 文字列1と文字列2が同じであれば真を返す 
文字列1 != 文字列2 文字列1と文字列2が違ければ真を返す 
数値1 -eq 数値2 指定した数値1と数値2が同じであれば真を返す 
数値1 -ne 数値2 指定した数値1と数値2が等しくなければ真を返す 
数値1 -lt 数値2 指定した数値1が数値2より小さければ真を返す 
数値1 -le 数値2 指定した数値1が数値2より小さいか同じであれば真を返す 
数値1 -gt 数値2 指定した数値1が数値2より大きければ真を返す 
数値1 -ge 数値2 指定した数値1が数値2より大きいか同じであれば真を返す 
! 条件式 条件式が偽であれば真を返す 
条件式1 -a 条件式2 条件式1と条件式2の結果が共に真であれば真を返す 
条件式1 -o 条件式2 条件式1または条件式2の結果のいずれかが真であれば真を返す
a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク