[linux]MODULE_PARM → module_param

「MODULE_PARM」というマクロが使用されていたが、これはkernel2.4系でのもので、2.6系(gcc4)では定義されていなかった。2.6系では代わりに「module_param」という関数が用意されているので、以下の2行を書き換えた。

変更前
camdrv.c.MODULE_PARM

MODULE_PARM(camdrv_major, "i");
MODULE_PARM(ioport, "l");

変更後
camdrv.c.module_param

module_param( camdrv_major, int, S_IRUGO);
module_param( ioport, long, S_IRUGO );

MODULE_PARMの第1引数はパラメーター名、第2引数は型を表しており、”i”はint, “l”はlongである。

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク