iPad/iPadアプリ開発

SDK4.2のころの話。

=====

iPadアプリ開発について

  • XCodeという統合環境で開発
  • 開発言語はObjective-C

開発サイクル

  • プログラムの修正
  • シミュレータ用ビルド
  • シミュレータ上で動作確認
  • 不明なところは、SDKのリファレンスマニュアル(英語)で調査
  • 実機用ビルド
    ※配布用ビルドの設定が鬼門
    実機で動かしたりApple Storeで公開するためにはAppleID登録や証明書を作ったりと結構面倒な作業があります。
    初めての場合、たいていどこかでハマると思います。
    プロジェクト開始の余裕のあるうちに、実機での実行、配布用のビルドを一通り確認しておくことをおすすめします。
    AppStoreへの登録も、登録直前の画面遷移までは確認しておく方がよいと思います。
    何も知識なくして1日で配布用ビルドしてAppStore登録できるだろうと思っていたら痛い目にあいます
  • 実機上で動作確認

テストフェーズ?

  • メモリリーク確認(Leaksを使って確認) LeaksはXcodeで作成したアプリでメモリリークが発生していないかをチェックするツール
  • メモリ消費の激しいアプリはメモリ効率改善

配布用ビルドを行いAppStoreに登録

  • 1週間ほどで承認。
    • 場合によっては修正要望が来るため、余裕を持った方がよい。

テストフェーズは長めに見ておく方が良い メモリリークとの戦いは意外に長期戦

SDKのドキュメントに無い機能を使うと、Appleから申請却下されることがあるので注意

参考:http://stack3.net/

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク