[ios]iPad/iOSの用語まとめ

昔、SDK4.2のころの記事。

=====
iOSの説明となります。

iOSの階層構造

iOSは4つのレイヤに分かれている

  1. Cocoa Touch
  2. Media
  3. Core Service
  4. Core OS

※下に行くにつれて下位になっている。

Cocoa Touch

最上位レイヤーで、ビューやiPhoneアプリを開発する上で必須の機能を実装。

iPhone/iPadの特徴、マルチタッチや、その他アプリケーションの基盤技術もこのレイヤーで実装。

  • UIKitフレームワーク
    • アプリケーション全体の管理
    • アプリケーションの画面の仕組みを提供
    • 画面のタッチイベントの取得や処理
    • センサなどのデバイス制御を提供 ……など
  • Foundationフレームワーク
    • 文字列などのデータ構造を提供
    • 配列などのデータ管理
    • 例外処理やメモリ管理の仕組みを提供
    • 設定ファイルなどのリソース管理 ……など

Media

グラフィック,ビデオなど、Audio/Visualの機能に対応するレイヤー

○主な機能

  • OpenGL ES -> 2D/3Dの描画を高速に行うことができる機能を実装している。 因みに、ESは組み込み向けのサブセット。 C言語のインターフェースが提供されている。
  • AV Foundation -> オーディオの再生・録画を簡単に行う為の仕組みが実装されている。

インターフェースは、Objective-C。

Core Service

アプリケーションから使用可能なサービスが実装されいる階層。

「Media」、「Cocoa Touch」といった上位レイヤーに実装される機能も、「Core Service」の機能を利用し実装されている。

○主な機能

  • Core Data -> MVCでのデータ管理を提供する。
  • Core Location -> プログラムからデバイスの位置情報にアクセスする機能を実装している。
  • Core Foundation -> 文字列,辞書など、基本となる型を実装。C言語のインターフェースで利用できる。
  • Foundation -> Core Foundationと同様に基本となる型を実装しているが、Object-Cのインターフェースを実装している。

Core OS

スレッド、ネットワーク、ファイルシステム、メモリ処理等のOSが持つ基本的な機能を持つ。

ドックコネクタに接続した外部デバイスのサポート、セキュリティ関連の機能もこの下位層で実装されている。

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク