フリーランスになりました

2006年4月大学院卒業後から勤めていた会社を辞めて、2012年11月よりフリーランスになりました。

■フリーランスになる理由
なぜ、その選択を選んだかというと、人生をより楽しもうと考えたから。
いろんなことを経験したいと単純に感じたから。

自分の人生は自分が作っていくもの、
会社や周りの人、日本という環境が、自分個人の将来を保証してくれるわけではない。

すべてが自分次第なので、会社にいようが、独立しようが、問題ないなと、
むしろ、大丈夫になるようにしていくものだと、腑に落ちる体験があったことが大きいです。

■辞める経緯
2012/09/28(金)に上記のことが腑に落ちて、
2012/10/02(火)に辞めると伝えて、
2012/11/30(金)に退職となりました。
 ※10/01(月)は上司が不在だったため次の日に伝えました。

そこそこ大きな企業で、とても良い部署で、上司とかチームメンバーに恵まれていたので、
そこから別の企業に転職する価値はなかったので、転職の選択肢はありませんでした。
※自分がいたチームは社内でもかなり評判がよく、こちらに異動したいという方も多かったらしいです。

辞めると伝えてから仕事を探し始めていましたが、一週間ぐらいで決まりました。

傍から見たら、もうちょっといたらボーナス出るからもったいないじゃんとかツッコミもあったような気がしますが、
実を言うと、早く動くことしか頭になかったので、そもそもボーナスのことは忘れていました。
それでも、早く動くことに集中したというのはよかったかと思います。

妻(当時は同棲中の彼女)にも辞めることだけを伝えましたが、特に何もいわれませんでした。

■よかったこと
収入が増えた。
※会社員とフリーランスの収入の仕組みを考えると増えるのは当たり前ですが、それでも気持ち的にうれしいものがありました。

そもそもフリーになってから、収入の仕組みの違いを理解できました。
知識があるということと体験するということは本当に別だなと思いました。

■よくなかったこと
12月に引越しする予定で家を探し中だったが、大手企業の会社員だととても優遇してくれていたが、
辞めてフリーになると正直に話した瞬間、自分名義では借りれなくなったこと。

家を貸す側からすると確かに実績のない人に貸すのはリスクだとは理解できるけど、ちょっと悲しかった。

当時は妻も働いていたので、妻名義で借りて引っ越しました。めっちゃ感謝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする