[読み物]ロジカルシンキングというテクニックに囚われないこと

仕事ができない人は「ロジカルシンキング」に囚われている。 : まだ東京で消耗してるの?

いいものやサービスが創るときに説明できるものだったとは限らないということ。

深いものほど説明できるようになるまで落とし込もうとすると、時間が足りない。
動きが遅くなる。もったいない。

「自分がやっていることを説明する能力」なんかよりも、「自分が熱狂できることを見つけて、それにひたすらリソースをぶっこみつづける能力」のほうが一万倍大事です。「私が社畜をつづける理由」をロジカルに説明されても、ワクワクしませんからねぇ……。

論理的であろうとすることの最大の弊害は「スピード感が遅い」ことです。ロジカルな人というのは、自分にも他人にも、「いちいち説明しないと前に進めない」ということですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする