[法人]事務所の賃貸契約時の仕訳

事務所の賃貸契約時の仕訳

敷金の仕訳とか半分は、償却

敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。

なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)

なお、更新時は、以下のようになります。
事務所の更新の仕訳

(長期前払費用)262,500 (普通預金)262,500
※繰延資産として資産計上して、更新に係る賃貸借期間に渡って償却すべきもの

20万円以下の場合は、以下のように一括仕訳ができます。
(雑  費)10,500 (普通預金)10,500

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする