携帯電話のキャリアシェア率などのメモ

約者数は社団法人電気通信事業者協会で公表されています。

NTT DoCoMo 70963500(45%) 7000万件
au 45909600(29%)
SOFTBANK MOBILE 39607600(25%)

1億5000万を超えてなお増加する携帯電話の契約数

現在はタブレットなどの2台持ち、MVNO回線、機器に搭載するM2M需要などが純増を底上げしているとみられる。少しさかのぼればフォトフレームや子ども向け小型携帯端末も契約数増加の手段として使われていたことは記憶に新しいだろう。

SIMロックの始まり
docomoでSIMロック解除してSIMフリーにする方法とメリット

自社開発した携帯電話を他社回線で使わせたくないという思惑から始まった方法。これに疑問を持たずに浸透してしまった為に現在SIMロックについていろいろな問題が出てきている。

日本的な感覚で出てきたもよう。

SIMフリーが義務化されたことで大きく変わったこととは?
SIMフリーの義務化が施行されて1年以上が経過したらしい。
いま出ているスマホはもうフリーなのか。知らなかった。

日本の電話サービス、システムについて調べる
世界の携帯サービス GSM・3Gとは

★カスペルスキーさんのところに載っている非常に参考になるサイト
SIMカードの進化
eSIMとは?

携帯電話サービス会社が直面する「eSIM」の脅威

グローバルSIM
グローバルな視点(?)でSIMを考える

eSIM-IoT拡大を加速する「SIM仮想化」の第一歩

eSIMはGSMAによって合意された方式ですが、その他にも独自の方式により通信事業者の切り替えが可能なSIMや、ICカードのようなハードウエアを持たず、完全にソフトウエアで構築されるSIM(「Virtual SIM」や「Soft SIM」と呼ばれます※5)も構想されています(<図2>参照)。

用語 wikipedia

UICC(Universal Integrated Circuit Card)はGSMやUMTSの移動機に使われるスマートカードである。GSMネットワークではUICCはSIMアプリを内蔵し、UMTSネットワークではUSIMアプリを内蔵する。UICCにはこれ以外に様々なアプリケーションを内蔵することができる。
近年ETSI-SCPで標準化された高速UICC規格(IC USB)では、USB2.0の物理層の規格を修正し、通常速度12メガビット/秒で通信できる(ETSI TS 102.600)。この場合、UICCのC4とC8ピンを使い、物理層より上のUSB規格は互換性がある。

SIMカードからIMSIやMSISDNを読み出す

eSIM-IoT拡大を加速する「SIM仮想化」の第一歩

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク