php デバッグまとめ

PHPでのログ出力 まとめ

error_logの出力先を設定する【PHP】【apache2】【debian】

■基本的に、”/etc/php.ini”を修正する
※パスは、環境によって場所は異なる可能性あり?

修正した箇所、もしくはコメント解除した箇所

error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED

メモ:E_DEPRECATEDは将来使われなくなる関数が使用されているときに出る警告

display_errors = On
error_log = /tmp/php_errors.log

error_logのパス、ファイル(”/tmp/php_errors.log”)が書込み可能か確認して、必要なら、権限追加するなりパスを変えるなりする

もしかしたら、httpdの再起動も必要かもしれないです。

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

あとは、phpのコード上で、以下のような書き方をすれば、error_logのパスにログが出力されます
※print_r()で、配列の中の情報を出力しています。

error_log(print_r($event,true));

[php][tips]phpのエラーログに、array配列の中身をきれいに吐く。

文字列の出力とvar_dump()

PHPを学ぶ時、最初に憶えて欲しいvar_dump

ss
$txts = ['Miku', 'IA'];
var_dump($txts);


<?php
$fruit = array(
 "banana" => "バナナ",
 "orange" => "オレンジ",
 "apple"=> "りんご"
);
 
echo '<pre>';
var_dump( $fruit );
echo '</pre>';
?>

パーミッションで書込み不可だった

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク