[法人]決算と法人税の支払いをしてきました。(2期目)

法人の2期目が終わりましたので、
決算を行い、法人税などを支払ってきました。

・昨年のリンク
[法人]決算と法人税の支払いをしてきました。(1期目)

■前提
一人法人
法人設立2期目
会計はMFクラウド

■流れ
※当期の期末日の翌日から2ヶ月以内(休日の場合はその翌日まで)に行うこと

・MFクラウドで売上や経費などの情報入力
  →MFクラウドで決算書を作るまでまとめておきます
・MFクラウドの会計帳簿データをcsvファル形式でエクスポート
・税理士いらずでインポートできるように、csvファイルの列を並び替えなど
・税理士いらずでインポートし、決算書の再作成、法人税、地方税、消費税の計算

以下、品川区で登記した場合
・都税事務所に、都道府県民税申告書の提出
  地方税第六号様式および、その他の付属別表等(別表四の三など)
  第六号様式は、法人住民税(均等割、法人税割)、事業税、地方法人特別税の4種類の税目の申告書
  なお、市町村民税申告書(地方税第二十号様式)については、東京23区の場合は不要
・品川税務署に、税務申告書の提出
 ・決算書
 ・法人税別表
   別表一(一)、別表二、別表四、別表五(一)、別表五(二)は必須
   その他、別表一(一)次葉、別表十五、別表十六(六) など
 ・法人税内訳書(勘定科目明細書)
   内訳書①は必須
   その他、内訳書③、内訳書⑨、内訳書⑩、内訳書14、内訳書15、内訳書16 など
 ・適用額明細書
 ・消費税申告書
・銀行で税金の支払い
  (税務署行く前、都税事務所(品川区役所)にある銀行で支払いをおこないました)

★注意点
法人税別表一(一)については、計3部提出する必要あり!
 税務署で指摘されました。。。提出用と、OCR読込む用、控用との説明を受けました。

■コスト
 MFクラウド  → 21,780円 /年 ※ライトプラン
 税理士いらず → 5,400円(バージョンアップ)
  ※新規購入の場合は16,200円
  ※税理士いらずはwindowsOSのみの対応です。

  税理士に頼めば5万ほどでできるようなので、かけた時間と考えると頼んだ方がよいかと思います。

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク