IPv4アドレスが枯渇したらしい

なにやらTwitterでつぶやいていた方がいたので、枯渇したらどうなるんだろと思って検索した。
なんか昔から、いわれているけどホントのところどうなん。。。

結論

以下のリンクにまとめられていた。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06548/

昔からIPv4枯渇とか言われていたけど、あまり興味持てなくて、今回、初めて検索してみた。

memo

大本の情報は、以下のような話でした。
「2019/11/25に、RIPE NCC(欧州、中東、中央アジアの一部を管轄する地域インターネットレジストリ)のIPv4アドレスが枯渇した。」

特定地域内のIPアドレスの割り当て業務を行うレジストリは、全部で、APNIC、ARIN、RIPE NCC、LACNIC、AfriNICの5つあるらしい
https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/rir.html

ARIN(北米)は4年前に、APNIC(環太平洋)は8年前に終了していたらしい
https://ja.wikipedia.org/wiki/IP%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E6%9E%AF%E6%B8%87%E5%95%8F%E9%A1%8C

12時に検索し始めたころは、Wikipediaの情報も更新されていなかったけど、今はちゃんと更新されているから特にまとめることもなくなった。。。