[linux]コマンド – rpm

インストール

RPM パッケージのインストール

(例.package-1.1.0-i386.rpm をインストールする場合)

# rpm ''-i'' package-1.1.0-i386.rpm

複数のパッケージをインストール

# rpm -i ''package-1.1.0-i386.rpm package-devel-1.1.0-i386.rpm''

オプション

以下のオプションを付けるとより詳細な情報が表示されます.

詳細な情報、インストール進行状況

-v で詳細な情報を出力し, -h はインストールの進行状況を表示します.

# rpm -i''vh'' package-1.1.0-i386.rpm

進行状況のパーセント表示

# rpm -i ''--percent'' package-1.1.0-i386.rpm

アップグレード

# rpm ''-U'' package-1.1.0-i386.rpm

ここでも上述の -v や -h を使えます.

アンインストール

# rpm ''-e'' package-1.1.0-i386.rpm

再インストール

# rpm -i ''--replacepkgs'' package-1.1.0-i386.rpm

古いパッケージのインストール

# rpm -i ''--oldpackage'' package-1.1.0-i386.rpm

ファイルを置き換え

インストール済みの他のパッケージに含まれるファイルを置き換えてしまう場合

# rpm -i ''--replacefiles'' package-1.1.0-i386.rpm

集約したオプション

# rpm -i ''--force'' package-1.1.0-i386.rpm

–oldpackage

–replacefiles

–replacepkgs
を集約したオプション これで強制的にパッケージをインストールすることになります.

依存関係を無視

もしインストール時にパッケージの依存関係でエラーが出てインストール出来ない場合に依存関係を無視してインストールする

# rpm -i ''--nodeps'' package-1.1.0-i386.rpm

または

# rpm -i ''--force --nodeps'' package-1.1.0-i386.rpm

テストのみ

# rpm -i ''--test'' package-1.1.0-i386.rpm

ヘルプ

# rpm ''--help''

パッケージ確認

$ rpm ''-q'' xfce~
xfce-3.0.4

a を加えると全て確認

あるファイルがどのパッケージに含まれていたものかを確認

$ rpm ''-qf'' /usr/X11R6/lib/libX11.so.6
XFree86-libs-3.3.6-20j1

あるコマンドの機能を提供しているのがどのパッケージかを確認

$ rpm -q ''--whatprovides'' /usr/bin/strip
binutils-2.9.5.0.22-6

その他

あるパッケージが依存している(必要とする)ファイルを確認するには -R を使います.

$ rpm -qR xfce
libungif.so.4 
libz.so.1 
/bin/bash 
/bin/sh 
libc.so.6(GLIBC_2.0) 
libc.so.6(GLIBC_2.1)
.............

まだインストールされていないパッケージに対して問い合わせすることも出来ます.

$ rpm -qpR gnomail-0.0.3-1.i386.rpm
ld-linux.so.2 
libICE.so.6 
libSM.so.6 
libX11.so.6 
libXext.so.6 
libXpm.so.4 
libart_lgpl.so.2
...................

この例では -p が, まだインストールされていないパッケージに対しての問い合わせオプションで, R を付けることにより未インストールのパッケージが依存しているファイルを出力しています.

パッケージに含まれているファイルを表示するには,

$ rpm -ql xfce
/etc/X11/xfce/README.xfdefs.py
/etc/X11/xfce/Xclients
/etc/X11/xfce/fvwm2rc
/etc/X11/xfce/fvwmrc
/etc/X11/xfce/xfbdrc
/etc/X11/xfce/xfce3rc
..............

パッケージに含まれるファイルが正常かどうか確認するには,

$ rpm -qs rpm-3.0.4-0.48
正常 bin/rpm
正常 etc/rpm
正常 usr/bin/gendiff
正常 ...........

インストール時に実行されるスクリプトが含まれているか確認するには –scripts を使えば存在する場合にスクリプトを出力します.

$ rpm -q --scripts rpm-3.0.4-0.48 
postinstall script (through /bin/sh):
/bin/rpm --initdb
if [ ! -e /etc/rpm/macros -a -e /etc/rpmrc -a -f /usr/lib/rpm/convertrpmrc.sh ] 
then
sh /usr/lib/rpm/convertrpmrc.sh > /dev/null 2>&1
fi

パッケージの詳しい情報を確認したい時は,

$ rpm -qi rpm-3.0.4-0.48
Name : rpm Relocations: (not relocateable)
Version : 3.0.4     Vendor: Red Hat, Inc.
Release : 0.48     Build Date: Thu 02 Mar 2000 05:25:11 AM JST
Install date: Fri 16 Jun 2000 08:00:58 PM JST
..............................
a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク