ipad/iphone-ipadユニバーサル化

昔、SDK4.2のころの記事。

=====
App StoreでiPadアプリを供給する場合には、開発と 供給( デリバリー)に関連して2つの選択枝からどちらかを選ぶことになります。

ひとつは、アプリケーションをiPad専用として用意する場合です。
もうひとつは、iPhoneとiPadと両デバイスでそれぞれ最適な状態で起動できるアプリケーションとして用意する場合です。

後者はApple社により「ユニバーサルアプリ」と呼ばれています。

現状のターゲットを完全にiPad用に変換するのか「One Universal Application」
新しくiPad用のターゲットを作成して追加するのか「Two device specific applications」

iPhoneアプリを作成した後に、Xcodeの機能により、 iPadアプリに変換することができる。

XcodeでのUniversalアプリケーション設定方法

[iPhone/iPad] 手作業でユニバーサルアプリ化する

iPad アプリを先に作ってそれをユニバーサル化することもできる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする