[swift]次はWKWebViewを使う

UIWebViewを使っていて、セッションの削除やら、キャッシュの削除の方法を調べていました。

以下のサイトなどなど調べて対応を試みたものの解決はできておりませんが、特に今は気にしないことにします。
キャッシュの削除はできていたかもですが、期待する動作が実現できず。

一時しのぎ的なことをしたく調べたので、結果解決できませんでしたが、一旦は置いておきます。

それより、UIWebViewにかわる、WKWebViewとあるということを今更ながら始めて知ったので、次は使ってみようと思い情報を残すことにしました。

■調べたサイト
【Swift】ユーザー認証APIを通した後、同一セッションとしてUIWebViewを表示する

swift3だとHTTPCookieとかHTTPCookieStorageとかNSの文字がなくなる。

以下は、objective-cの話。swiftのものを調べたけど情報が見つけれなかった。。。
iOSのUIWebViewのキャッシュがどういうタイミングでリセットされているのかわからんという話

[XCODE] UIWebViewでHTML,CSS,JSなどをキャッシュさせない方法

■結論、次はこれを使ってみること
WKWebViewの使い方

WKWebViewはiOS8から新たに使用できるようになったWebViewで、WebKitFrameworkの中に含まれている。これまでのUIWebViewと比べると速くて高機能とのこと。

■その他、派生した疑問点
「設定」アプリから「一般」 -> 「ストレージとiCloudの使用状況」 -> 「ストレージを管理」 -> 任意のアプリ -> 「書類とデータ」、これはどこに格納されているのか。
swfitコードとしてどうやってアクセスできるのか。
アプリからの一般的な削除の方法は。

a

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク