[android]androidソースコードを解析するための方法まとめ

久しぶりに、androidソースコード内部を調べる必要が出たため、ダウンロードしました。
リビジョンは、revision=”refs/tags/android-6.0.1_r22″にしました。

ソースコード取得方法

http://otake.knowd2.com/drupal-rotake/?q=node/140
容量を調べたところ、50GBほどの大容量となっています。
昔、企業で開発していたころは、windowsXPでSource Insightというソフトを用いてソースを追っていましたが、
今は、Macなので、そのソフトは使えず、ターミナルからのgrepだと遅いのでなんか手がないかと思い調べました。
以下の参考サイトの方法を見つけ、使ってみた感じ今のところ一番よさげかな思います。
細かく使い込むのは今後になりますが、ひとまず、情報として残しておきます。

参考:Androidソースコード検索サービス

Android、iPhone等のスマートフォン向けに活躍している個人エンジニアをいろいろな面でサポートしようというプロジェクトです。

更に参考

http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/3924393.html
android内部を色々見ている方っぽいので、非常に参考になります。

ソース内部の処理の追い方のイメージ

新しく追加された7インチ向けレイアウトをシステムバーとナビゲーションバーの提供方法という視点で調査を行いました。 7インチレイアウトでは、基本的にはPhoneレイアウトに近いシステムバーやナビゲーションバーの提供がなされますが、landscape持ちの場合は2ペインで左にリスト、右の詳細画面というレイアウトも可能です。

【ソース解析】android ソースコード解説他

【ソース解析】android ソースコード解説他のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする