[読み物]労働時間について

スポンサーリンク

新しい捉え方があったのでメモ

「好きで長時間働くのがなぜ悪い!」という人に産業医から伝えたいこと | iXキャリアコンパス
長時間労働が問題視されていますが、ハイパフォーマーのなかには「好きで長時間働いているのに、なぜそれを妨げるのか」と、画一的な労働時間規制に反感を持つ人もいるようです。画一的な規制は、ハイパフォーマーの足かせとなってしまうものなのでしょうか。産業医の大室正志さんに、長時間労働問題についての見解、そしてハイパフォーマーが陥...

ハイパフォーマーはいわば、「バリ3の状態で、シングルタスクで切り替えながらアプリを使える」人だということ。ほら、「踊る!さんま御殿」で(明石家)さんまさんはイキイキとしながら話題を振っているけど、座っている側は「いつ話題を振られても答えられるように」と必死じゃないですか。それと一緒ですよ(笑) つまり裁量権のない若手芸人は疲れやすい。会社も同じです。

あと、この記事を読んで産業医というイメージが変わりました。

時代によって、向かうべきところ、変えるべきところは変化していくのだなと。

ちょっと違うかな。向かう方向性は決まっていて変わらないけど、そこに向かうためにやるべきことは変わってくるので、常に考えて選択をしていく必要があるな。

前がこうだったから、考えずに今もこうすればいいというのは危険な思考だなと。

自分自身、会社員のころは自分は長時間労働をしたい派で、
フリーランスになる32歳のころは、年間で2連休も取らないぐらいの働き方をしていました。

その働き方を自分で選択してしたし、活動すればするほど学ぶことも多く楽しかった。
法人を設立して、一人だけでなく周りとともに働くと考えると、変化していく必要がある。

私事ですが、今がまさにその状況と思っています。
家族との時間を大切にすること、娘を育てること、もりっぱな自分の仕事の一つと捉えていて、
土日を家族と過ごすと選択することも、仕事の手を抜いていることにはならないと思っています。

関係ないですが、地元の富山は共働きが普通なのですが、うちの家庭は今はそれができるイメージが湧かないです。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました