「後で」第2号被保険者と第3号被保険者について

第2号被保険者と第3号被保険者について
第2号被保険者とは?
http://www.y-nenkin.com/detail/c1-hihokensha2.html

「会社員と公務員は国民年金の第2号被保険者となり、厚生年金保険料を納付しなければなりませんよ。」ということです。

・年金のについて、わかりやすい図が載っていました。

会社員や公務員(第2号被保険者)の配偶者として扶養されている主婦・主夫の方は、国民年金の第3号被保険者(いわゆる主婦年金)になるため、保険料の納付は不要です。しかし、配偶者が退職あるいは配偶者と離婚、または自分自身の年収が130万円を超える場合などは、第3号被保険者の資格を失い、第1号被保険者に該当することになるため、...
3.第3号被保険者でなくなったときの届出とは?
市区町村への届出のほか、平成26年12月からは配偶者の勤務先への届出も必要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする