【Flutter】“idevice_id”は、開発元を検証できないため開けません。への対処法

スポンサーリンク

Mac(macOS Catalina (10.15) )上で、Flutterを使ってiOSアプリをビルドし、端末にインストールしようとしたところ、以下のメッセージが表示されます。

メッセージの意味や対処法については、ネットでもたくさんあるのですが、
ちょくちょく対処する機会があって、そのたびに調べるのがてまだったので、コピペできるように個人用の情報として残しておきます。

もし、検索などでここにアクセスされた方がいましたら、参考のリンクを読んで理解していただけたらと思います。
※コマンドで行ていますが、macのSecurity & Privacy設定でもできます。

対処法

~/flutter がFlutter SDKのインストール先です。

cd ~/flutter
sudo xattr -d com.apple.quarantine bin/cache/artifacts/libimobiledevice/idevice_id
sudo xattr -d com.apple.quarantine bin/cache/artifacts/libimobiledevice/ideviceinfo
sudo xattr -d com.apple.quarantine bin/cache/artifacts/libimobiledevice/idevice_id

出てきたメッセージ文

"idevice_id"は、開発元を検証できないため開けません。

"idevice_id" cannot be opened because the developer cannot be verified.
macOS cannot verify that this app is free from malware.

日本語:
"idevice_id"は、開発元を検証できないため開けません。
このアプリケーションにマルウェアが含まれていないことを検証できません。

"idevicesyslog"は、開発元を検証できないため開けません。

"idevicesyslog" cannot be opened because the developer cannot be verified.
macOS cannot verify that this app is free from malware.

日本語:
"idevicesyslog"は、開発元を検証できないため開けません。
このアプリケーションにマルウェアが含まれていないことを検証できません。

"ideviceinfo"は、開発元を検証できないため開けません。

"ideviceinfo" cannot be opened because the developer cannot be verified.
macOS cannot verify that this app is free from malware.

日本語:
"ideviceinfo"は、開発元を検証できないため開けません。
このアプリケーションにマルウェアが含まれていないことを検証できません。

"iproxy"は、開発元を検証できないため開けません。

"iproxy" cannot be opened because the developer cannot be verified.
macOS cannot verify that this app is free from malware.

日本語:
"iproxy"は、開発元を検証できないため開けません。
このアプリケーションにマルウェアが含まれていないことを検証できません。

参考

"idevicesyslog", "iproxy" や "idevice_id" 等のセキュリティの警告が表示される場合の対処方法 - Flutter を用いたモバイルアプリ開発環境 - Flutter 入門
Flutter を用いて iOS と Android の両方のプラットフォームで実行できるモバイルアプリを開発する方法を説明します。

macOS Catalina (10.15) ではアプリケーションのセキュリティチェックが以前より厳しくなりました。 この変更によって Apple 開発者 ID で署名されていないアプリケーションを起動しようとすると、こうした警告メッセージが表示されるようになったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました