[法人]企業型確定拠出年金と個人型確定拠出年金は併用した方がいいのか

スポンサーリンク

現在、企業型確定拠出年金(企業型DC)を上限月5.5万円で拠出しています。
個人型確定拠出年金(iDeCo)との併用とかいろんなやり方があって、いろいろ調べて検討した結果の選択なのだけど、
ちょくちょく忘れてしまい、気になって、調べて、、と繰り返すことが何度かあったので、軽くまとめておきます。

前提と結論

  • 個人事業主から法人成りした代表取締役の場合を想定
  • 企業型確定拠出年金と個人型確定拠出年金は併用する必要なし
  • 本ケースの掛金の上限は企業型確定拠出年金で月5.5万円が最高
     ※iDeco上限6.8万円との差は、厚生年金の差とみなせる

詳細

それぞれの掛金上限

※細かい条件は省略

  • 企業型確定拠出年金 上限:月5.5万円
  • 個人型確定拠出年金 上限:月6.8万円

ぱっとみの数字だけみて、iDeCoで6.8万円できないの?なんでだっけ?って思ってしまう。

なぜ、法人役員だとiDeco上限6.8万円できないのか

  • iDeco上限6.8万円は、第1号被保険者(個人事業主など)の場合
  • 第2号被保険者(法人役員)の場合は、iDeco上限は月2.3万円
    この2.3万円という額も確定給付型年金ありなし、企業型確定拠出年金ありなしで更に変わる

まとめと補足

法人成りしているフリーランス(代表取締役)の場合

  • 企業型DCで月5.5万円が最大
  • 第2号被保険者なので、iDeCo月6.8万円は不可能
  • 企業型DCとiDecoを併用しても上限5.5万円なのでわざわざ分散させる必要はない
  • 企業型DCを行う場合、管理手数料などが高いので注意
    初期費用に10万円、月の管理費7000円。計上する経費による節税額の方が大きいけど、なかなかな心理的な不安になる

もし、フリーランス(個人事業主)の場合

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)で月6.8万円まで可能。
    この一択。シンプル

参考

iDeCoと企業型DCの違いは? 併用できるの?
前回の記事では、iDeCoとつみたてNISAの比較をしました。今回からは、iDeCoを含めた確定拠出年金とそれ以外の企業型年金について、2回に分けてみていきます。1回目は、主な企業年金の仕組みや、iDeCoと企業型確定拠出年金(DC)の違い、拠出限度額などについて説明いたします。

ここの「掛金について」に記載されている図がわかりやすいです。
フリーランス(個人事業主)がiDeCoで月6.8万円までできて、企業型DCとの差はなんだろと思うのは、厚生年金分の差と捉えることができます。

https://www.sjdc.co.jp/faq/system/answer07/
これもわかりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました