i-cache・d-cache

instruction cache(i-cache)

マイクロプロセッサ内部に設けられた高速な記憶装置であるキャッシュメモリの一種で、プログラムを一時的に保管する領域。
CPUは高速にアクセスできるキャッシュメモリに使用頻度の高いデータを蓄積しておくことで低速なメインメモリへのアクセスを極力減らすよう設計されているが、このうちプログラム(プロセッサへの命令群)を保存しておく装置のこと。
データを保存しておくデータキャッシュと異なり、処理によって内容が更新されてメインメモリへそれを反映させるといった動作が必要ないため、構造が単純化されている。

data cache(d-cache)

マイクロプロセッサ内部に設けられた高速な記憶装置であるキャッシュメモリの一種で、データを一時的に保管する領域。
CPUは高速にアクセスできるキャッシュメモリに使用頻度の高いデータを蓄積しておくことで低速なメインメモリへのアクセスを極力減らすよう設計されているが、このうち処理の対象となるデータを保存しておく装置のこと。
データは処理の結果更新されることがあり、変更はメインメモリへ反映させる必要があるため、命令を蓄えておくインストラクションキャッシュよりも構造が複雑になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です