[読みもの]仕事の幅の広げ方

キンコン西野が「収入アップの法則」を解説 稼ぎ続けている人は何をしているのか?

東京デザインウィーク2015の中で行われたトークイベント「ソクラテスカフェ」に、お笑い芸人でありながら、絵本作家や作詞家など幅広い活動を続けるキングコングの西野亮廣(キンコン西野)が登壇。イベントの冒頭部分では会場参加者からの「仕事の広げ方」や「お金の稼ぎ方」といった質問に答えていきます。西野によると、アルバイトの人の...
前に、読んでなるほどと思ったけど、どこの記事だったかを忘れてしまっていたのですが、
ちょうど見つけたので、備忘録として。
このサイトの中にある、藤原和博氏の記事もそのとおりだなと感じたので載せておきます。
藤原和博氏のビジネス講座「レアカードにならないと稼げない」
2015年8月6日、ビジネス・ブレークスルー大学にて「稼ぐ人の武器=プロフェッショナルシンキング」と題するフォーラムが開催され、教育改革実践家で元リクルート社フェローの藤原和博氏が登壇しました。「『稼ぐ力の鍵とは?』20~30代ビジネスパーソンの人生戦略の決め手」をテーマに、親や学校からは教わることのなかった「稼ぐ」こ...
どちらも、稼ぐというキーワードになっていますが、
個人的には、より世の中に価値を提供できる人材になっていくために大事な考えかただなと思っています。
自分をレアカード化していくということと、
レアカード化させていくための少し具体的な考え方。
ある分野で1万時間を費やしたら、その分野で一流になれるような話は、よく聞く話ですが、
一言で言うと、その1万時間を複数持つようにしていくことでレア化していくという話でした。
物理の研究をやったり、組込みをやったり、アプリをつくったり、イベントやったり、営業みたいな仕事もやったりと様々なことをやっているから、今があるのだなと振り返り、これからも意識して広げていきます。
もちろんひとつずつ集中して時間をかけて身につけてから。