[法人]登記住所変更、引っ越しました(品川区内の引越し編)

スポンサーリンク

法人の引っ越しを行いました。
登記住所を自宅にしていたので、オフィスに変更しました。

法人も個人(代表取締役)も、共に住所が変更となりました。

個人の手続きはもちろん経験がありますが、法人の引っ越しは、初めてだったので、今回すべて自分でやってみました。
※ビジネス的には、外部に頼めるならば数万円払ってでも頼み、自分は本業に集中した方がよいかと思います。

法人の引っ越しは、「登記住所変更(本店移転登記)」となります。

変更費用

  • 計4万円
    • 登記住所変更(本店移転登記)に3万円
    • 代表の住所変更に1万円
      ※登記住所は品川区内(同一管轄法務局区内)での引っ越しのため3万円ですが、管轄の法務局が変わる場合は、6万円かかります。

申請手続きと内容一覧

品川区での申請にあたり、行ったことを以下にまとめます。
全般的に移動時間、移動費、印刷費は考慮に入れていません。

参考

会社移転時に忘れてはいけない手続きのまとめ

手続き詳細

※全て、代表者住所変更も含む

本店移転登記[法務局]

  • 場所:東京法務局品川出張所 (品川区役所)
  • いつ:移転後2週間以内
  • 時間:書類の作成もあわせても大体2時間ぐらい
  • 金額:登録免許税 (収入印紙を貼ります)

    • 本店移転登記  3万円
    • 代表者住所変更 1万円(資本金額1億円未満の会社の場合)
      備考:だいた1週間ぐらいで手続きが完了します。
      完了後、登記簿謄本を発行できます。
      相談窓口で、なにをどう書いたりするかも教えてくれます。

    注意:代表者の引っ越しの手続きについても、2週間以内に行う必要があります。
     参考:Q.代表者の住所変更の都度、登記簿の変更義務があるか教えて下さい。

  • 提出書類:
    • 法務局のサイトから、株式会社本店移転登記申請書を検索して入手します。(リンク先がちょくちょく変更されます)
      →法務局の指示で、「株式会社本店及び代表者住所移転登記申請書」と変更して提出しました。
      ★リンク先の1-21に、取締役会議事録も含めて載っています。
    • 株主総会議事録
      →定款変更の必要がある場合のみ。今回は必要ありませんでした。
      本店移転手続きの方法
      株主総会議事録の書式・雛形(本店移転)
      #同じところなのにドメインが異なっている??
    • 取締役会議事録
      →務局の指示で、「取締役決議書」(一人法人で取締が他にいなかったため)と変更して提出しました。
      決議した日付は、移転した日付より前にする必要があります。
      #当たり前な話ですが、間違えてしまい再提出しました。

異動届[税務局]

  • 場所:品川税務署 (品川駅近く)
  • いつ:本店移転登記申請後、異動届出書の提出は可能
    • その場合、本店移転登記完了後に、登記簿謄本のコピーを送るなどして提出する必要がある
  • 時間:1時間程度
  • 金額:特になし
    • 備考:異動届出書は都税事務所でも入手可能だが、一度、税務局へ提出した後に、都税事務所に提出する
      登記簿謄本のコピーは郵送可能
  • 提出書類:

異動届[都税事務所]

  • 場所:品川都税事務所 (品川区役所)
  • いつ:本店移転登記完了後、登記簿謄本が入手できてから
  • 時間:1時間程度
  • 金額:特になし
    • 備考:郵送での提出が可能
      控えを返してもらうために返信用封筒と一緒に郵送しました
  • 提出書類:
    • 異動届出書
        →異動届出書は税務署で判子を押してもらったもの
    • 登記簿謄本の写し

事業所所在地変更届[年金事務所]

名称、所在地変更届(労働基準監督署)

一人法人で、社員を雇っていないため省略

雇用保険事業所変更届[職業安定所]

郵便物届出変更届[郵便局]

  • 場所:最寄の郵便局
  • いつ:本店移転登記申請後(その前でも問題ないといえばない)
  • 提出書類:
    • 転送届

コメント

タイトルとURLをコピーしました