PukiWiki Plus! 導入

2017年1月追記
リンクが切れてしまっているので、リンク解除の対応を行いました。

■pukiwiki plusについて

!

=====
昔の情報の公開(今は役に立たない可能性あり)
PHP系wiki

PukiWiki Plus!について

PukiWiki Plus!とは

  • PukiWikiを国際化&高機能改造したもの
    http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/
    詳細:http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/?PukiWiki%20Plus%21

PukiWikiの特徴

  • PHPで実装されている。
  • MySQL、PostgreSQLなどのRDBMSを必要としない。
  • PHP4、PHP5の双方で動作する。
  • 漢字などの2バイト文字を扱うことができる。
  • プラグインを導入することで、様々な機能を拡張して利用できる。
  • インターウィキに対応している。
  • 定期的なバックアップが可能である。
  • 各ページの内容はテキスト形式で保存されている。なお、画像などのバイナリファイルは各ページに「添付」することができる。
  • 携帯電話からの利用が可能である。
  • GPLのもとで、フリーソフトウェアとして配布されている。
  • ユーザ管理機能もある。

PukiWiki Plus!導入手順

ダウンロード

インストール

  • 解凍する。
  • 生成された”pukiwiki-1.4.7plus-u2-eucjp”をカレントディレクトリ又は任意のディレクトリ移動する。
<< 移動例 >>
              [C:\ ]
                 │
                 └ [ pukiwiki-1.4.7plus-u2-eucjp ]

※作者の環境では、"pukiwiki-1.4.7plus-u2-eucjp"を"pukiwiki-plus"にリネームして、"C:\www\pukiwiki-plus"に配置しました。

設定

  • pukiwiki.ini.phpファイル内の$modifier、$modifierlink、$adminpassを修正する。
    • $modifier:編集者の名前
    • $modifierlink:編集者のホームページ
    • $adminpass:管理者パスワード
      →例:'{x-php-md5}’.md5(‘pass’)

      • 正しいパスワードの求め方
        http://127.0.0.1/pukiwiki-plus/index.php?md5=”ぱすわーど”
        と書いてアクセスする。
        “PHP md5()”にチェックして”Compute”をクリックする。
      • 詳細:http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/?Documents%2FInstall

動作確認

  • http://127.0.0.1/pukiwiki-plus/index.phpにアクセスする。
    FrontPageが表示されるとWikiのインストールが確認できたことになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました