[Mac](失敗)MacBook Air 2011 USBリカバリーディスク作成とOS復元試行(結果、売却)

■背景
 Macbook air 2011 11インチモデルをサブ機として使っていたが、
 windows機を購入し、手放そうかなと考えていました。
 手放す時にOSって自分でクリーンインストールした方がスッキリするなと思ってやってみました。
以下、クリーンインストールするまでの試したことです。
使用しているMacbook airのパーティションをすべて消しました。
wifi用のデバイスが物理的に死んでいる(前にapple storeでも確認してもらいました)ため、
インターネットからの復元は行なえません。
※画像のように、”apple.com/support -1005F” というエラーがでてしまいます。
USBからwifi機に繋いだり、wifiのUSBアタプタを使って試してみましたが、どうやらそこからは接続しに行かないようでした。
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-06-12-57-01
また、Mac OS X は Lion から基本的にインストールディスクが存在しないため、
USBメモリから復旧しようと考えました。
最初、以下のサイトのやり方を試しました。

miuxmiu.com は miuxmiu の情報の原点になります。ここには一般的な興味・問題に関連する項目があります。きっとお探しのものが見つかるはずです。
しかし、「11.右側の「復元」タブをクリック」がない???
全体的に書いてある内容も古いっぽい。。。
ということで、調べ直して、こちらを試しました。
USB メモリに Mac OS の「復元ディスク」を作成する
これで、「復元ディスク」の作成は完了しました。
次に、Airを復旧していきます。
macを起動する時に、Option キーを押しながら起動 (Startup Manager で起動)
起動時に 1 つまたは複数のキーを組み合わせて押せば使える Mac の機能やツールについて、ご説明します。 
そして、復元用の黄色い?アイコンを選択。
。。。
これでいけるかと思ったのですが、画面が変わらずダメでした。
他の作業をやっている間放置して、3時間以上待ちましたが、画面に変化がなく、2,3度再起動させて試してみましたが、状況が変わらず。
あと思いつくのは、外部HDDにOSを入れてそいつを起動させて、その後に内部SSDにOSをインストールさせる。とかかな。
外付けハードディスクを Mac の起動ディスクとして使う
ただ、趣味と作業コストのことを考えて、そこまではいいかと思い、もうそのまま売却しました。
買取見積りでも2.5万円程度(wifiが生きている前提)で、結局wifiが死んでいるのでジャンク品扱いとなり1万円程度まで下がりました。
これぐらいの状態だと、もうOSが入っていてもそれほど変わらなかったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする