[法人]扶養とか年収103万円、130万円、150万円、201万円とかのまとめ

スポンサーリンク

細かい条件とかは省いて自分の場合での情報をまとめているの、詳細はリンク
個人の話だけど、法人にカテゴリ

103万、106万、130万、150万円の壁
くらしとお金に関する社会保障制度や税制の解説から、生活の中のちょっとしたアイデアまで、皆様の家計等を考えるきっかけ作りとなるような情報をファイナンシャル・プランナーがお届けします。
2020年版/扶養控除・扶養内について簡単にわかる!年収130万の壁って何? - 派遣コラム|エン派遣
扶養控除に関する最新情報をわかりやすく解説。103万円・130万円…と様々な年収額が飛び交い混乱している方、今さら訊けない…という方も必見!自分は扶養控除を受けられるのか手っ取り早く知りたい方はフローチャートを使った簡単チェックもおススメ!

自分用まとめ

扶養されている側の年収は、103万円、月8.5833円以内が税制上一番お得。
130万を超えるのは危険。180万ぐらいまでは損になる。

  • 扶養控除
    • 税制上の扶養
    • 社会保険上の扶養

税制

103万円

所得税(5%~45%)、住民税(約10%)の納税義務が出てくる

150万円

配偶者特別控除が徐々になくなる

社会保険

106万円

社会保険に加入の義務が発生、厚生年金、健康保険を負担する
年間約18万円の負担
※一定の規模(正社員が501人以上など)の会社から給与をもらっている場合
 それ以外の場合は、以下の130万円

130万円

社海保家の扶養から外れる。自分で国民年金と、国民健康保険に加入する。
年間にすると約36万円の社会保険料の負担

130万になったら会社から社会保険に加入したほうがよさげ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました